仕事に対する気持ちの詳細

> 仕事に対する気持ち

仕事に対する気持ち

仕事をしている中で、「あわないな」とか「やだな」と思う人には、時々出会います。
似たような人ではなくて、個性それぞれなのですが、改めて考えると共通点があるような気がしました。

仕事に対する気持ちなのかな、と思います。

仕事が大好き!という人は、そんなに多くはなくて、休めるなら休みたいし、当然休日は嬉しいし、でも働かないといけないからね・・・というのが、ほとんどの人の本音だとは思います。

でも、そうなんだけど、それとは別の次元で「仕事を楽しむ」ってことはできると思うのですよね。
楽しむという表現にあわない人もいるかもしれない。
例えば、「仕事に誇りをもっている」「がんばりたいと思っている」「会社が仲間が好き」そんな上向きの気持ち。

これが全然ない人だと、とにかくやりづらくて、私的にダメです。

話し合い一つにしても、「良くしたい」という気持ちがなければ、案なんて浮かんでこないのです。
「どうでもいい」という気持ちで、言われたことだけをこなしているならば、いつも同じパターンの仕事しかできないでしょう?それはいくら完璧にこなしても、「ありがとう」が言いにくい空気があるんです。(言いますけど)

会社を大事に思う気持ちがあれば、冷たい対応だってできないはず。大事な書類だってなくさないはず。
そりゃ勿論、機嫌悪い日もあったり、性格的な所はあるにしても。
たまにのミスは誰にでもあるにしても。

会社の愚痴ばかり言って、行動が止まっている人。
こんな人は、まさに嫌いの代表になります。

一回、辞めて、外に出て、よく考えてから、帰ってきたければ帰ってくればと言いたくなります。
それで帰ってこなくても、全然問題ないですからね。